愛した人は僕しか知らない

千华缭乱

© 千华缭乱 | Powered by LOFTER

迷迭香是回忆的花,爱与追思

听着空色の椅子涂完了这张,一口老血



空色の椅子 - Kalafina (カラフィナ)
詞:梶浦由記
曲:梶浦由記

夏空を慕い

跟随着那片夏空

追いかけて行く雲は

追逐不息的浮云

どうしてあんなに光るの

为何那般璨璨生辉

 

そらいろの椅子に

空色椅上

誰かが笑っていた影だけ残る

今时徒留旧人笑影 


風に流された

随风远飘的帽子

帽子が水の上で

停留水上

沈み行く場所を探して

寻觅沉落的归宿

 

それでも何だか

不知为何

華やいだかたちで

依存往昔华贵轮廓

空を見上げてる

默默仰望广袤天际

 

花を散らして小道を行けば

踏上落英缤纷的小道

冬の匂いがすぐ側にある

冬日气息就在不远处

 

群れに遅れた渡りの鳥が

错过群鸟迁徙的候鸟

一人は嫌だと南へ

不愿孤单一人而南飞


風は急ぐ

疾风呼啸 


誰かが立ち去ったあとの椅子には

谁人起身离去之后的椅上

寂しさがそっと座ってる

悄然入座的是无尽寂寞

 

よくきたね

真是姗姗来迟呢

きっと秋が終わるまで

在今秋落幕之前

そこにいるんだね

定然始终停留原地吧


评论(3)
热度(52)